コース案内・レッスン風景

レッスン風景1 [声楽技術の向上]

技術を磨くだけでなく、人間性も高めていく。

中村 智子 教授

教員や上級生による指導のもと、独唱・重唱・合唱といった声楽スキルを磨き、学内外の研究発表会で演奏経験を積みます。また、ゼミ生全員で開催準備から演技までを行うオペラ公演では、裏方の仕事も経験。ゼミの活動ひとつひとつを通して、技術の向上と西洋音楽への理解、さらには人としての成長も期待しています。

先生の教えと自分を信じて、
声楽スキルを高めていきたい。

音楽学科4年 久米 翔子さん(鹿児島女子高等学校出身)

声楽を学ぶことは基本的に実技なのですが、そういった時間の中でも中村先生は「歌う上で大切なこと」も教えてくださいます。レッスンを受ける学生に対して、技術的なことや音楽への向き合い方など、それぞれ違うアドバイスをしてくださるので、すべての言葉が成長の糧。先生の教えを実践して、自分の殻を破っていきたいですね。


レッスン風景2 [学術的な文章の書き方]

学術的表現を中心に、言葉の扱い方を学ぶ。

伊藤 綾 准教授

学内演奏会で自分が演奏する楽曲の解説を執筆することを目標に、資料の探し方や学術的な文章の書き方を学んでいくゼミです。他にもプレゼンテーションの仕方やDVD販売におけるターゲットを絞ったポップの作り方など、様々な形で言葉の表現方法を身につけるので、音楽分野に限らず、実社会で役立つスキルを養えます。

「自分の考え」を「伝わる言葉」に。
そのプロセスを実践的に学べます。

音楽学科4年 森山 里佳子さん(松陽高等学校出身)

扱うテーマは音楽が中心ですが、ディスカッションやプレゼンテーションを通じて、あらゆる職種で必要になる「他者に正しく伝える力」や「自分で考え抜く力」が身につきます。特に印象に残っているのは、「誰にでも伝わるように、わかりやすい言葉で伝えなさい」という先生の言葉。考えを整理することの大切さにも気づきました。


レッスン風景3[鹿児島から世界へと羽ばたく]

「夢をどのように叶えるか」を一緒に考えます。

ウーヴェ ハイルマン 教授

レパートリーの幅を広げながら、学内外の演奏会を通して経験を積み重ね、ときに厳しく、と きに楽しく、音楽性とともに人間性も磨いていきます。他人と比べるのではなく自分自身と 向き合いながら、クオリティの高い音楽を追求していくことが重要です。ここ鹿児島の地で、 世界中の音楽学生たちと同じ目線で夢に向かって挑戦していきます。

世界的に活躍された先生の教えは、
深い理解と自信を与えてくれます。

音楽学科2年 衣裴 素良さん(開陽高等学校出身)

中学3年生の頃から2ヶ月に一度の頻度でハイルマン先生の個人レッスンを受けており、先生からもっと多くを学びたいと思い本学に入学しました。先生は世界レベルの技術・知識を持たれており、それらを惜しみなくご教授してくださいます。ゼミでそのレッスンを毎週受けられるのは、とても幸せなことです。


レッスン風景4[ピアノ演奏法・指導法]

個性を100%発揮するピアノ演奏を体得する。

岡村 重信 教授

音楽を演奏することは、自分を表現するということ。作曲家や時代、楽曲の分析だけではなく、自分の心に宿っている音楽を見つめ、個性を1 0 0%発揮していくことも重要です。レッスンを通じて「わたしが!」「自分が!」という積極性と独創的な芸術性を養い、「自分の心の中に音楽を建設すること」を実現していきます。

自分本位の演奏ではなく、
聴く人を想って演奏するピアノへ。

音楽学科3年 前畑 早希さん(松陽高等学校出身)

ピアノの演奏法を学ぶゼミですが、岡村先生にたくさんのことを教えていただいたおかげで、音楽への向き合い方そのものが変わりました。例えば、曲の背景を考えるようになったり、曲全体の構成を意識するようになったり。その瞬間をただ上手に弾くのではなく、聴く人のことを想いながら演奏できるようになりました。